FC2ブログ

ウツ病を考える 第一話:心と身体のバランス。

前回の 『気持ちの切り替え方法 全三話』 に続きまして、
今回は、誰にでも起こり得る心の病気の代表として、
うつ病について考えていきたいと思います。。

少々長くなると思いますが、お付き合い下さいませ。

■第一話 : 心と身体のバランス
■第二話 : 心のSOS

-------------------------------------------------
■第一話 : 心と身体のバランス

心の病気というと・・・
精神的に弱いとか、根性が足りないと考えられることがあります。


本当に、そうでしょうか?


精神的な疾患は、脳機能のトラブルで発生する病気です。

ただしく、理解し対処することで、適切に治療ができますし、
その原因について、きちんと理解すれば、
予防していくこともできるかもしれません。

うつ病は、脳の奥の奥にある視床下部よばれる
ヒトのエネルギー中枢(電源の働き)障害と考えられます。

視床下部とは・・?
自律神経(ストレス時→交感神経/リラックス時→副交感神経
が働きます)・睡眠・食欲・ホルモン・感情・、をコントロールします。

仕事・家庭などで嫌な事があっても、食事をおいしく食べられ、
ゆっくりと眠ることができれば、しっかりと一日の疲れを充電でき
翌日また元気に戻ります。

十分な充電ができれば、自律神経が安定して動き、
ホルモンのバランスも良好になります。
そして、感情も穏やかに豊かになることができるのです。
(安定消費)。

でも・・・
十分な充電ができないと、眠れない・食欲がないという状態となり、
エネルギー不足となってしまいます。
ストレス時に働く交感神経が、もっともっと頑張って働こうとして、
かえって、エネルギーを消耗してしまうのです。

その結果、だんだんと・・・
だるさ・頭痛・めまい・ドキドキ・胃痛などの自律神経症状や、
特に女性の場合はホルモンバランスの崩れ・抑うつ気分・不安
などの感情の障害を起こします。

この状態が長く続くと、うつ病になってしまう可能性があります。

うつ病は、バッテリー切れの状態なのです。

十分な充電ができたかどうかは、朝の気分が目安です。
午前中は調子が悪くても、午後になると少しずつ楽になってくる・・
それは心のSOSなのです。

そんなSOSには、まずエネルギーをたくさん使いすぎないように、
ゆっくりと休養する・リラックスをして気持ちを開放することが、
とっても大切になってくるのです。

明日は、ご自身の心のSOSをセルフチェックしてみましょう。
■第二話 : 心のSOS
つづく・・・

-------------------------------------------------

気分が落ち込んだ時に、オススメできないアロマ

ラベンダー
 ストレス解消などリラックス効果で有名なラベンダーは、
 ウツ状態のときは、更に落ち込む性質もあります。
 気分を沈静化させすぎてしまうので、オススメできません。

スポンサーサイト



テーマ : 鬱・ウツな気分
ジャンル : 心と身体

プロフィール

TAMAKI

Author:TAMAKI

● メールはこちらから ●

 

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
52位
アクセスランキングを見る>>

リンク♪

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

facebook

カレンダー(月別)

10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

こちらもヨロシク♪

携帯電話はこちら

QRcode.png

カウンター